MENU

安全宣言

中部システム物流株式会社では、お客様第一、現場第一、安全第一、を基本方針として掲げております。これらを実践していくためには、従業員一人一人が直面した問題に真摯に向き会い、検討を重ねたうえで実行できることが重要となります。

本当に安全な作業や職場環境を実現する上で最も大切なことは人材の育成です。たとえ些細な問題でも、おざなりにすることなく皆で話し合い解決した結果を全員が共有することで皆が成長し、次のステップへと進めるのです。

安全は全てに優先します。自覚・責任・実行で継続的な改善を図り、常に安全意識の向上を目指します。

月に一度は安全会議

安全な職場環境と、明るく元気な従業員は、健全な経営の基盤です。企業は人なりをモットーとし、安全について従業員全員で本音で話し合い、これにより快適な職場環境と社会的信頼の構築を目指します。

安全作業は全てに優先します。
自覚・責任・実行で継続的な改善を図り、
常に安全意識の向上を目指します

安全のための定期講習

安全講習 / 事前講習 / リフト講習

社内の安全基準を維持するため定期講習を行っております。

入社時講習

入社して頂いた方には、担当者から座学による講習を行います。主に社内の設備や業務についての説明や、これまでの事故事例などを紹介し安全に対する心構えをお伝えします。

実地指導

配属の業務が決定する前に指導担当者による実技指導を行います。基本的なリフトの操作方法から実務を想定した練習を積んでいただき、技量に応じた指導を行います。

リフト講習

外部から専門の講師を招いて、リフト操作の基本を見直してもらいます。ベテランから新人まで区別なく受講してもらいます。

労働安全衛生方針

安全衛生活動は、企業経営の基盤であり、我が社で働く人及び地域社会の安全・健康に及ぼす影響を最小限となるよう企業活動の中で安全衛生管理を徹底し、自負できる職場を目指します。安全衛生活動は最も重要な課題であり、当社業務に関わる一人一人が安全と健康こそが経営の基盤となるとの認識を持ち、全員参加で安全文化の定着に勤め、快適な職場環境を目指します。

1.安全衛生に関わる法令を遵守し、より一層の安全衛生管理に勤めます。
2.労働災害ゼロを目指し、リスクアセスメントによるリスク管理を推進します。
3.過重労働や精神的なストレスなどに起因する健康被害を防止するため、衛生管理体制の充実を図り、従業員全ての健康確保に努めます。
4.安全衛生意識を高めるため、すべての従業員に対して教育及び広報活動に勤めます。 5.活発なコミュニケーションを推進し、全員参加による安全衛生活動を推進します。

中部システム物流株式会社 採用情報
ユーザー名:
パスワード: